ゴルフ アイアンセットの選び方がわかる

プロでもやさしさを求めるゴルフのアイアン。やさしいアイアンもいいが操作性の高いアイアンセットも気になる。そんなゴルフスタイルに合ったアイアンセットの選び方を紹介します。

タイトリスト 718 T-MB 中空マッスルバックアイアンセットでやさしくシャープに狙う

昔ながらのシャープなデザインはそのままに最新技術の中空マッスルバックアイアンでやさしくシャープにグリーンを狙う
タイトリスト 718 T-MB 中空マッスルバックアイアンセットでやさしくシャープに狙うのイメージ画像

「マッスルバックアイアンを使っているけどもう少しやさしく飛ばしたい」と思っている人もいますよね。私もそのひとり。

マッスルバッグの打感の良さは、身をもって体験しているけどもう少し簡単に飛ばせるとゴルフも楽になります。

ゴルフが上達すればいいだけなんですけどね。

そう簡単に上達しないのはゴルフも同じ。

そこで手軽に自分の技術を補うのが道具ですよね。

その道具が「タイトリスト 718 T-MB 中空マッスルバックアイアン」。

タイトリスト 718 T-MB 中空マッスルバックアイアンは、
デザインは伝統的なマッスルバッグで中が空洞の中空アイアンです。

タイトリスト 718 T-MBアイアンは、アダム?スコットが使っているアイアンでもあります。

マッスルバックアイアンが好きだけど、ちょっと使いこなせていないと思っている人にはいいかもしれませんね。

マッスルバックアイアンを使っているけどもう少しやさしく飛ばしたい

マッスルバックアイアンを使っているけどもう少しやさしく飛ばしたいなら
マッスルバックアイアンを使っているけどもう少しやさしく飛ばしたいのイメージ画像

プロや中上級者が好んで使っている、軟鉄鍛造のマッスルバックアイアン。

シャープなデザインとコンパクトな作りで打感の良さが売りのアイアンですよね。

でも、ボールを芯で捉えれば問題ないけど、芯を外すと思うような結果が出ないこともあります。

しかも飛距離がちょっと足りないような気がする・・・

そんな「マッスルバックアイアンを使っているけどもう少しやさしく飛ばしたい」という人には「中空構造のアイアン」がおすすめ。

中空アイアンは、ヘッドの中が空洞になっているアイアンです。

ヘッドの中が空洞になることで何がよくなるかというと、ウエイトコントロールの自由度が増し、低重心かができるため、マッスルバックよりもずっとやさしく、ボールを高く上げることができます。

デザインもマッスルバックに近いモデルが多いので、違和感なく使えるのもいいですね。

ちょっと高いのがネックだけど・・・

マッスルバックアイアンは操作性の高さがウリ

マッスルバックアイアンとは、ヘッドがとてもシンプルで薄い板状のアイアンのことで、球筋を自在にコントロールできる。

マッスルバックアイアンとは、
ヘッドがとてもシンプルで薄い板状のアイアンのこと。

マッスルバックアイアンは、
小ぶりなヘッドでスウィートエリアが狭いため、スピンコントロールができ球筋をフックやスライス、ボールの高さを打ち分けることができます。

さらに、
バックフェイスが肉厚になっているためジャストミートした時の打感が心地よいのも人気理由。

マッスルバックアイアンの良い点は、鉛を貼って微調整ができること。

初心者には難しく飛距離性能は劣るが、パワーのあるスイングスピードの速いゴルファーに人気のモデル。

マッスルバックアイアンはキャビティ、中空アイアンのようにやさしいアイアンではないが操作性の良さでプロや上級者に好まれるアイアンである。

上級者になれば、球筋やボールの高さを自在にコントロールできます。

中空アイアンは高い操作性とミスに強い

中空アイアンとは、ヘッド内部が空洞構造になっているアイアンのこと。高い操作性とミスに強いアイアン。
中空アイアンは高い操作性とミスに強いのイメージ画像

中空アイアンとは、
アイアンヘッド内部が空洞構造になっているアイアンのこと。

キャビティアイアンのようにバックフェースは凹んでいないが、ヘッド内部が空洞になっているのでインパクトの時に芯を少し外してもヘッドがブレにくくなっています。

キャビティアイアンと同じくミスヒットに強いアイアンです。

中空アイアンはウッドほど重心は深くないが、
アイアンの中では最も重心が深い構造になっています。

ボールを上げやすいアイアンとも言えます。

また、最近の中空アイアンモデルは、

ヘッド内部の空洞部分に衝撃吸収材を埋め込み打感をよくしたり、
タングステンウェイトを配置し打ち出し角度を調整したり、
優れたスピンコントロール性を発揮したモデルもあります。

キャビティアイアンはミスヒットに強い

キャビティアイアンとは、グラブフェースの後ろの部分(バックフェース)が凹んだアイアンのこと。ミスヒットに強いアイアン
キャビティアイアンはミスヒットに強いのイメージ画像

キャビティアイアンとは、
グラブフェースの後ろの部分(バックフェース)が凹んだアイアンのこと。

今主流のアイアンといえば、キャビティアイアン。

技術の進歩でバックフェースにポケットのような溝があるポケットキャビティタイプもあります。

キャビティーの特長は、ミスに強いこと。

キャビティアイアンは比較的ヘッドの形状が大きめになり、ヘッドの下部に重心を多く配分する低重心にすることができるので、ミスを少なくでき、ボールを上げやすい構造のアイアンになっています。

キャビティアイアンの中でも、

大きなヘッドでソール幅が広い飛び系キャビティモデルは、
ワイドスポットで低重心なので初級者、中級者向け。

ヘッドが小ぶりでソール幅があまり広くないハーフキャビティモデルは、
中級者、上級者向けのアイアンになります。

ゴルフ アイアンの選び方

一昔のアイアンセットといえば、3番アイアンからSWまでの9本セットでした。今では、技術の進歩によりフェアウェイウッドやユーティリティの勢いが強く3番4番のロングアイアンが抜け、5番、6番アイアンから9番PWのセットが一般的になっています。サンドウェッジに関しても、メジャー選手達が好きなメ ...(続く)

ダンロップ ゼクシオナインアイアン 値下げしてお買い得

ゼクシオナインの特徴は、ゼクシオナインシリーズの特徴でもあるクラブがコックの解放を抑えることで自然とヘッド軌道が変わり、ヘッドが加速する「ヘッドスピードアップテクノロジー」。ヘッドの軌道を変えるというのは、ゼクシオ独自設計のシャフトとヘッドによって、ダウンスイング前半のヘッド軌道を変化させる ...(続く)

タイトリスト AP1アイアンは飛距離とやさしさ追求

ただいま準備中 ...(続く)

打ちやすいアイアンを選ぶポイント

やさしいアイアンの基本はキャビティタイプのアイアンを選ぶ。やさしいアイアンを求めているということは、ボールを上手くヒットできない人が多い。その点、キャビティアイアンは、多少芯をはずしてもそこそこ飛んでくれるというミスヒットに強いことが特長。さらに、重心を低く深くし、ボールを上げやすくし ...(続く)

おすすめの打ちやすいアイアンセット

最もスコアを左右するアイアン、派手に変化はしていないが機能はかなり進化している。以前は、やさしさ重視でアイアンを選ぶとデザインがイマイチだったが、機能の進化にあわせ見た目もカッコいいアイアンが多くなっている。とは言えデザイン重視でアイアンを選ぶのは間違い。自分に合ったアイアンを選べば ...(続く)

Top へ