クラブの番手の飛距離

クラブの番手の飛距離

ゴルフでクラブの番手ごとの飛距離を把握している人は少ないのではないでしょうか。シングルプレイヤーやプロゴルファーは、当たり前ですが自分の番手の飛距離を知っています。細かく言えば番手ごとの飛距離をランはどのくらいキャリーでどのくらい飛ぶかわかっています。逆にクラブの番手の飛距離を知らないとシングルやプロにはなれません。

ということは自分のクラブの番手の飛距離を知っていればスコアメイクができると言うことです。なのに初心者や100を切れにないゴルファーは全く自分の飛距離を知りません。またクラブの番手の飛距離を勘違いしている人もいます。それはサンドウェッジで120ヤードとんだとかピッチングで150ヤード飛ぶなど全く意味がありません。本来ゴルフは、プロゴルファー猿のように1本のクラブでゴルフをするのではなく14本のクラブを上手く使って人よりより少ないスコアでラウンドする競技です。ですから各クラブは番手ごとの飛距離を打てればいいのです。スイングはいつも一定に保ちクラブで距離を打ち分けることが理想です。

>>厳選イチオシアイアンを選ぶならこちら<<

クラブの番手ごとの飛距離の平均

クラブの番手の平均飛距離

クラブの番手の飛距離を知ることがスコアメイクの近道とわかったと思います。

例えば5番アイアンで100ヤードならそれを頭に入れてプレイすればいい訳です。人が100ヤードをSWで打っても自分は5Iで打てばいい。とはいえ平均的なクラブの番手の飛距離を知っておくのも自分のゴルフがどの程度かわかると思う。平均より低ければもっと本来は飛ばすことができるのではないか?平均以上ならヘッドスピードが速いのか?アイアンのロフトの違いなのかいろんなことがわかってくる。すると自分のゴルフスタイルも確立してくる。

では参考のためにクラブの番手の平均的な飛距離をお伝えしよう。ヘッドスピード40m/sで行くと、ドライバーが200~220ヤード、スプーンで185~205ヤード、3Iで175~195ヤード、4Iで165~185ヤード、5Iで175~195ヤード、6Iで155~175ヤード、7Iで135~155ヤード、8Iで115~135ヤード、9Iで105~125ヤード、PWで85~105ヤード、SWで75~95ヤードだそうです。多少の違いは気にしないでこの飛距離を参考に自分のクラブの番手でどれぐらいの飛距離を飛ばせるのか把握するといいと思います。

>>おすすめアイアンを選ぶならこちら<<

クラブの番手の飛距離のキャリーとラン

クラブの番手の飛距離 キャリーとラン

自分のクラブの番手の飛距離をつかむにはどうするか?距離のある練習場に行けば大体わかる。それも1階打席ではなく2階打席から打てばボールの落下地点がわかるので把握しやすい。クラブの番手を変えて何球か打てばキャリーの飛距離は大体つかめる。練習場のボールは耐久性がいいためあまり飛ばないが十分番手ごとの飛距離はわかる。

ここでちょっと調べて欲しいのが番手で逆転しているクラブがないか?例えば8番と7番が飛距離が変わらないとか?飛距離が逆転していることがないか調べる。まずないとは思うが知っておいた方が8番で打てるのに7番使ったり、7番の距離を思ったらとどかなかったりすることがなくなる。初心者の人はどのクラブ使っても一緒と言うこともあるがそれは例外。しっかりと自分のクラブの番手の飛距離を把握することがスコアメイクの鍵です。あとはゴルフ場で実践してみてより正確に自分の距離を知るといい。

ここで注意したいのが高低差やライの状況による飛距離の違い。打ち下ろしや打ち上げラフやセミラフといろんな場所で打ってみる必要がある。そのとき距離がどれぐらい変化するのか知るとさらに正確なショットが打てるようになる。これでクラブの番手の飛距離を知ることによってあなたもシングルプレイヤーになれるかもしれません。長々とお話ししましたが基本はショットが打てての話ですけどね。

>>番手ごとの打ち方<<